JR九州は24日、2011年春の九州新幹線全線開通に合わせて実施する予定の山陽新幹線との相互乗り入れで、新型車両をJR西日本と共同開発することを明らかにした。08年度に「N700系」をベースにした試作車をつくり、走行試験を実施。これを踏まえ、09年度中に量産車をメーカーに発注する。

 東海道・山陽新幹線では7月から、最新の「N700系」が営業運転を始める。相互乗り入れでは、新大阪‐鹿児島中央間を8両編成で運行する計画で、16両が前提の「N700系」をそのまま使うのが技術的に難しい上、こう配が厳しい九州新幹線に合わせ動力を高めるためにモーター設置が必要となる。

8両編成となると熊本・鹿児島中央−山陽通し乗車の人が指定を取りやすいように指定券発行上の配慮が必要そう。〔はやて〕のように全車指定席化もアリでは?